女性

6年根の紅参が最上級品

女の人

健康に関心を持つ人の間では、漢方の生薬成分がいろいろな形で愛好されてきました。現在では非常に多くの健康食品が売られていますが、中でも定番中の定番と言えるほど根強い人気を持つのが高麗人参です。高麗人参は中国や朝鮮半島で数千年前から薬草として使われていたと言われているほど古い歴史があります。古代中国の皇帝が愛用していた他、日本でも江戸時代の将軍が栽培を奨励していました。漢方薬には抵抗を抱く人も少なくありませんが、現在では高麗人参配合サプリメントも多く売られています。錠剤タイプや粉末タイプの他、高麗人参茶・薬用酒など好みに合わせて選べるバリエーションの豊富さも魅力の1つです。こうしたサプリメントなら薬よりも効果が緩やかなので、副作用なども気にせず気軽に利用できます。高麗人参は加工方法によっていくつかの種類に分かれており、白参と紅参の2つが代表的です。白参は4年根の皮を剥いて乾燥させたもので、滋養強壮効果が高いと言われています。紅参は6年物の根を皮ごと乾燥させたものです。薬用効果は6年根が最も高いと言われていますので、サプリメントを選ぶ際には紅参を原料とする製品に注目するといいでしょう。

高麗人参の高い薬用効果はサポニンと呼ばれる配糖体に由来します。ジンセノイドの別名でも知られるこの薬用成分の持つ効能は数え切れません。栄養ドリンクでも高麗人参がよく使われているように、滋養強壮と疲労回復効果の高さが特筆されます。ビタミンやミネラルに相当する働きを、サポニン1つで果たしている面があるのです。サポニンには血行促進効果もあるため、冷え症の改善にも役立ちます。血液の流れを良くする作用によって、体の隅々にまで酸素と栄養分を行き渡らせるのです。同時に老廃物や毒素も排除してくれることから、さまざまな病気の予防にもつながります。サポニンは自律神経を整える働きも持っています。女性ホルモンの減少が引き金となる更年期障害の症状も、ホルモンバランスが崩れることによる自律神経の乱れから来ているものです。サポニンには肌の新陳代謝を促す作用もありますので、美容と若返り効果も期待できます。こうした数々の効能を持つ高麗人参は、長く摂取を続けることで健康を実感できるようになるものです。長い歴史が証明してきた薬用効果を現代の生活に取り入れたサプリメントは、リピーターが多い点にも根強い人気が窺えます。