女性

健康に過ごす

食事で正常値にするには

老夫婦

健康診断でコレステロールが高いと言われた方は結構いますが、コレステロールがどういうものか、何をしたら下がるのか実際のところ分かりませんよね。コレステロールは高すぎてもいけませんが、実は低すぎてもいけないことが最近の研究で実証され、低すぎると今度は血管の壁がもろくなります。高いと動脈硬化や脳梗塞などのリスクが高くなりますが、低いとガンや脳出血の原因にもなります。コレステロールは正常値を保つことが1番なのです。降下剤などの薬を使って急激に下げるのも危険です。正しい生活をして食事を見直すことを心がけましょう。おすすめの食品は大豆製品や青魚、緑黄色野菜、海藻、果物があります。高くしてしまう食品も完全にとらないのは逆に栄養不足になりますので、とり過ぎなければ問題ありません。

食事の他にすることとは

食事でとるもの大事ですが、1日にいくつも食品を使うことはなかなか難しい。そこでおすすめなのがサプリメントです。サプリメントは1度にたくさんの栄養がとれます。降下剤は胆石などの副作用が出る危険性がありますので、あまり飲みすぎないほうがいいでしょう。コレステロールには青魚のサプリがおすすめです。青魚の栄養素であるEPAやDHAは不飽和脂肪酸といい、悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やす働きをします。また血栓を予防し血液をサラサラにするなどの効果もあります。青魚のサプリメントは色々ありますが、その中でも人気なのは飲みやすいソフトカプセルであることや、魚の生臭みを抑えた製法のもの、1粒に数十種類の栄養成分が入っているものなどがあります。